January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

高岡ブラブラΑ聞皺駅2)

JUGEMテーマ:富山県

高岡ブラブラ,魯灰↓

http://biwakoneko.jugem.jp/

 

入場券を買って構内を見に行く

高岡駅

国鉄時代は拠点駅だったであろう構内は広い

高岡駅

金沢方向に閉鎖されたホームがある。

おそらくJR時代には既に閉鎖されていたと思われる。

国鉄時代に長編成列車が停まっていたのであろう。

現用部分と足して有効長16両はあるのではないか。

高岡駅

あいの風とやま鉄道の普通列車『泊』行きが来た。

(『泊』は新潟県内の3セク〚えちごトキめき鉄道〛との運用上の境界駅)

あいの風とやま鉄道

発車まで時間が有ったので車内を覗いてみた。

関西地区や広島地区で運用されている223系グループと同じ内装。

この後、乗り込む客を見ていたら大半が学生であった。

あいの風とやま鉄道

氷見線の気動車と

高岡駅

かつては最大で12両のサンダーバードが停まったホームも今では2両もしくは4両の

普通列車が停まるのみ

高岡駅

駅北西に氷見線や城端線用のディーゼル車両群がいる。

キハ40かな?岡山や広島で乗ったなぁ〜

高岡駅

あ!忍者ハットリくん

氷見線用やな。

藤子不二雄(A)先生が氷見市出身に因んでいると思う。

高岡駅

3セクと過疎線の駅だが駅舎はデカイし構内は広い。

北陸新幹線は別の場所に『新高岡』として新駅があるが

あまりにも駅がデカイので北陸新幹線が同居してると勘違いしてたwww

 

備考

駅内に『立ち食い蕎麦』は無かった。

気持ち程度のカフェはあったけど。

 

高岡駅

構内を見終えたので駅北側に出てみた。

南側とは違い小さい作り

高岡駅

高岡駅

駅から真っ直ぐに目抜き通りが走っているが商業的なものは見当たらない。

タクシーは居るが南側と比較して圧倒的に少ない。

前田利長

ロータリーの植栽帯に高岡の祖『前田利長』公が居られる

前田利長

高岡城は馬に乗っておられたが高岡駅は着座で

何か指示されている感じ。

 

これで高岡駅は取り敢えず終了

次回は万葉線で終点の『越ノ潟』を目指す編を書く予定です。

高岡ブラブラァ聞皺駅見物1)

JUGEMテーマ:富山県

高岡駅を散策してみる

JR西日本・あいの風とやま鉄道・万葉線

3社共同使用駅で規模はデカイ

高岡駅

2011年に橋上化されたらしい。

北陸線の3セク移行は2015年なのでJR時代に改築されたことになる。

高岡駅

駅正面を右側から見たところ。

万葉線の線路が駅内から出てくる。

高岡駅

左側から見たところ

-------------------------------------------------------------------------------------------------

駅舎内に入って見る

高岡駅

改札前コンコース

橋上なので改札は2階にある。

2社で改札も共用しているよう

高岡駅

イコカなどの交通系電子カードが利用できるが城端線・氷見線は利用可能駅が

限られているので注意が必要。

高岡駅

改札前を貫く南北自由通路

利用客が多いと思えないので広い通路が必要だったのか疑問。

高岡駅

JR西日本 氷見線

高岡駅

JR西日本 城端線

高岡駅

あいの風とやま鉄道

北陸特急サンダーバードが無くなった今は

単なるローカル線に成り下がった感がある。

------------------------------------------------------

あいの風とやま鉄道

北陸新幹線が富山方面から金沢まで延紳した際に

北陸本線が平行在来線として3セクになって発足

 

新幹線が出来たので大坂方面から直通していた

特急サンダーバードは金沢止まりになった。

 

現状大坂方面から高岡や富山に鉄道で向かうには

金沢まで在来線特急サンダーバードで行き、

北陸新幹線に乗り換える事になる。

----------------------------------------------------

在来線3線が乗入れているが3線とも

ローカル線である事から駅舎が無駄に大きすぎる感じがする

 

 

 

高岡ブラブラぁ聞皺城→高岡駅)

JUGEMテーマ:路面電車

高岡城を見終わったので路面電車に乗る為に移動しようと思い

駐車場に向かった。

高岡城

建築物が無いせいか道に迷ったww

高岡城

入って来た場所で無い入口に出たw

城跡は公園になっており無料では入れるため

あっちこっちに入口がある

高岡城下町

まぁいいか、取り敢えず大まかな方向だけ確認しブラブラしてみる

万葉線

駐車場から一番近い電停『広小路』

万葉線

交通量が結構多い

万葉線

15分間隔で走っているよう

万葉線

端から端まで乗るため一度高岡駅まで来た

万葉線

車内の様子

低床車で乗り降りし易い

万葉線

高岡駅はJR西・あいの風とやま鉄道と共同利用駅

駅舎改築と同時に駅舎に取り込まれた形になっております。

寒い北国では助かるのではないでしょうか。

うんこ

JUGEMテーマ:ダンボー

 

うんちくん うんちマン うんこマン うんこくん

正式な名前は知らない

 

ある日からウチに一人居た。

その存在は知っていたが

指して気に留めていなかったが

ある日からお気に入りになった。

うんちくん

『ピンクが来たよ』とダンボーに話してる

 

茶色の一体を誰かが貰ってきたのか家に転がってた。

お気に入りになってから偶然見付けて購入した茶色2、

ピンクは信楽のスーパーで吊り上げた。

 

名阪国道(R25)の名阪上野忍者ドライブインで偶然発見した。

喜んで1体購入した(^o^)丿

¥450円

 

ネット検索するとビレッジバンガードで売ってたと書かれているが

地元と京都のビレバンを捜索したが置いていなかった。

店頭販売しているのを見かけたのは取り敢えずココのみ

 

うんちくん

 

大半はUFOキャッチャーで販売されている。

写真は開放倉庫 桜井店(奈良県桜井市)

フレンドマート信楽(滋賀県甲賀市)でも見かけた。

 

うんちくん

全高40cmのジャンボうんちくん

基本UFOに有るらしいが見かけない

写真は京都新京極の2000円ガチャ店

2体あったが当る可能性は極めて低いと判断し見送り

 

ミニうんちくん

キーホルダーチェーンが付いている。

 

体が少し細いので個人的に魅力が薄い....

UFO販売品だと思っていたらガチャが有ったのでビックリした。

 

うんこくん

ミニうんちくんのキーホルダー型

ガチャガあるからプレイは損と思っていたが

良く良く見ると体のラインが別物。

標準サイズのタイプに似せている。

 

ビニールで個別包装されているので

アームが滑るのではと思いますw

 

金色やパステルカラーもあるので

是非集めたいが如何せん売っていない

 

これからも雑貨屋。UFOなどを見て歩く

日々が続きそう....

今となっては単なる時計

AKAI(赤井電機)

オーディオタイマー DT-125

1982頃販売 定価11200円

 

今は亡き赤井電機のオーディオタイマー

ハードオフのジャンクコーナーからやって来た。

時計表示部の明暗に異常も無く過ごしている

オーディオタイマーとはチューナーやカセットデッキのコンセントを繋いで

タイマー制御でON・OFFさせる為の機器

なお当機器はスリープ機能もある。

 

JUGEMテーマ:オーディオ

価値観

JUGEMテーマ:人生論

 

人生の価値観

 

平日朝、いつもの様に通勤のため電車に乗ると

 

何処かに旅行に出かけるであろう女性の組が乗っていた。

 

漏れ聞こえた話しが興味深かく

いつもならウトウトするのに

この日の朝は頭が起きてしまった。

 

 

聞いた話しを掻い摘んで書くと

 

『こんな朝早いのにイッパイ乗ってるね(勤人が)』

 

『通勤時間帯とか電車乗らないから知らなかった』

 

『朝早くから満員電車に揺られて通勤するのムリ』

 

『よくTVとかで新橋駅前の酔っ払いリーマンが出るでしょ』

 

『あのリーマン達の気持ち判る』

 

『たまには酔っ払わないと精神が持たない』

 

『新卒で2年ほど東京で働いたんだけど疲弊する事が分かった』

 

『何の為の人生かと考えるようになった』

 

『そして今の行き方を選んだ』

 

話しの内容からしてフリーランスであろうと思う。

 

ぜんぜん知らん人やけど

色々聞いてみたい衝動にかられたw

 

 

人間は代わっていくが琵琶湖は代わらず

JUGEMテーマ:滋賀県

見慣れた琵琶湖も感動する時がある

滋賀に住んでウン十年ですが感動する

風景に出会う時がある。

彦根から南に向かっている夕方、綺麗なので寄道して撮った

夕陽とは反対方向に伊吹山が居る  眺めている気がした

数分後には山に隠れてしまう  雲だけが照らされる

このときの空が広いんですよ

湖面が車に映り込んだ  洗車しといて良かったw

 

夕陽は湖西側の山に沈んでいく

そのとき湖面が黄金色に染まる

 

 

高岡ブラブラ(高岡城内のSLなど)

高岡城跡散策の続き

引き続き城内をウロウロしております

 

(゜o゜)『蒸気機関車!』

遠目に機関車を発見

 

C11型 蒸気機関車が静態保存されてます

昭和44年に設置されたとありますね

C11 217号機

屋根付やし状態は悪く無い感じです

中に入ることは出来ませんが覗けました。

落ち葉が吹き込んでますな

腕木信号機はサビサビ

 

土産もん屋を覗く

蒸気機関車を見た後、寒いのでコーヒー飲もうと思い

直近の土産屋に移動

※この日の午前中は肌寒かった

城が完成した場合を想定した模型が有りました

なかなか立派な城

銅製の風鈴

高岡は銅像の製作シェア90パーらしい

サザエさん・両津・鬼太郎も製造したと書かれてる

飛行モードの折鶴、カッチェエエやん

モスラもエエやん

 

本丸予定地と蒸気機関車を見て満足したので

城跡公園を出ました

 

以降い紡海

高岡ブラブラ◆聞皺城に登城)

JUGEMテーマ:ドライブ

 

おはようございます

道の駅『メルヘンおやべ』での朝を向かえます

明け方に寒すぎて目が覚めました。

たしか5:00頃....

我慢出来ずにエンジンをかけて暖房

 

陽が出ると活動出来る温度になったので

WCに行ったり自販機でコーヒーを調達したりと

体を徐々に起こします。

(写真は7:00ごろ)

 

頭や体が起きましたら腹が減ってきますw

国道を挟んだ向かいにローソンが有りますが

コンビニ飯を食う気にならなかったので

適当な店が無いか検索するも近くには無いので

高岡までの道中で適当に見付けて入り事とし

出発することになった。

 

通勤の皆様に混じり国道8号を高岡方面に走ります。

 

あさめし

適当に見つけた『すきや』で朝定食を食いました

コンビニ飯と大差はないですが気持ちの問題ですなw

オクラの卵かけご飯セット

利用されている方はご存知かと思いますが他のセットもあります

 

少々休憩し高岡市内に入ります

 

高岡城跡に行く

今回の目的の一つ『高岡城跡』に向かいます

駐車場も全く検討をせずに取り敢えず城近辺を廻ってみます。

タイムズなどの時間貸駐車場はほどほどに存在しますが

中級都市程度の料金がしますので暫く迷っていると

城横に市営ポイ駐車場を発見したので取り敢えず入ってみたら

なんと無料でした。

 

城跡内にある市営の施設を利用する事を前提に運営している様です。

また複数個所存在している感じでした。

 

高岡市内を一日かけて巡ろうと思い最大の懸念事項である

開放時間を聞いてみましたら何と24時間連続解放とのこと

※ナンバーをメモしているらしく数日の連続駐車はムリらしい

 

駐車問題も解決したので余裕を持って城跡に入りました

駐車場近くの歩道橋

凝った作りで予算が掛かってそうですw

頑丈そうな歩道橋です

ヘンテコなモニュメントが多い

 

城址は公園になっており入る事に料金は掛かりません。

なのでゲートなどは無い

 

本丸を予定していた場所は芝生の広場になっている

通路は整備されているので普通に歩ける

年配者の散歩コースになっており多数の人が歩いているから

寂しい感じでは無い

高岡城を作ろうとした二代藩主 前田利長の銅像

堀の跡

配置図

 

高岡城は富山が火災で焼失した際に利長が作り始めた。

利長の隠居城として整備したが数年後に一国一城が交付されたので

破却されて米倉などを置く拠点として利用されたらしい。

建築遺稿は一切残っておらず堀の石垣が少しあるだけの城跡

 

縄張りを楽しむだけの城跡やね

 

高岡ブラブラ 兵賀→小矢部)

JUGEMテーマ:車中泊・放浪・野宿

JUGEMテーマ:路面電車

 

万葉線を見いに行った

纏まった休みが出たので何時もの様にフラフラと出かけた。

数箇所の候補を検討し高岡になった。

選定理由は以下の通り

 

『青春18きっぷ』が使えない

アクセス駅である高岡は第3セクターに転換された

『あいの風とやま鉄道』で滋賀から18切符で行く

事は不可能。なので長期休み期間以外でも良い

 

季節的な問題

冬季は行けない(降雪・凍結)

行くならば秋中頃までと思う

※基本的にスタッドレスを装備しないし

 運転が怖いw

 

適度に田舎

極端な田舎でもないし都会でも無いから

混雑もしくは極端な過疎は無いと判断しました。

休みの日に疲れたくは無いのでww

 

滋賀県からの行程

家から高岡駅までは約250キロ

オール下道で約6時間(グーグルMAPによる)

 

湖北までは湖岸道路で木之本辺りから国道8号

で行くのが王道ルートかと思います。

 

 

高速未使用を前提としましたが下記の理由で一部北陸自動車道を利用

 

・滋賀と福井の峠を走りたく無い

大型トラックが多くペースが遅くなる

 

・福井市内の国道8号を避けたい

福井市内の8号は混雑が凄くて時間が掛かります

※バイパス自体が混みます

 

北陸自動車道

当初は木之本から丸岡辺りを想定しましたが

何故か長浜から利用してしまいましたw

 

何時もの事ですが休憩しまくり

一つ目の休憩ポイント

北陸自動車道『杉津』(すいつ)

眼下に日本海が見える絶景PAです

峠を越えている最中のため高所に位置してます

下には『上り線』が見えてます(米原方向行き)

小型のPAで小さな食堂と売店があります。

 

12:00頃に家を出発したので遅い昼食を取りました。

福井と言えば『ソースカツ丼』

※正確にはヨーロッパ軒のソースカツ丼ですが

 

正直言って残念なソースカツ丼でした...

まぁ景色込みって事で良しとしますw

 

旧北陸線POP

旧線時代の事が書かれたPOP

今の北陸本線はトンネル(北陸トンネル)で一気に抜けますが

旧線時代は急勾配の難所だったらしいです。

PAから少し離れた場所に杉津駅が有ったと廃線系の本で読んだ事があります。

 

因みに旧線のトンネルは一部が道路に転用されて現在も通る事が可能です。

 

 

一気に飛んで石川県

加賀ICから国道8号に出て北進しまして加賀市(石川県)に来ました

『杉津』以降は休憩をせずに加賀ICまで来ましたので少し休憩するために

寄った『万代書店』(加賀店)

開放倉庫・鑑定団・お宝一番に類似したホビー系リサイクルショップです。

熊坂の峠を越えて直ぐ辺りに有り休憩するにはタイミング的に良い位置かとw

 

休憩後、更に国道8号を北上しつつ

行ける範囲で趣味のハードオフ巡りを実施

初訪問のハードオフ小松東

ジャンクのオーディオやホビーを見てます

 

ホテルに泊まらないので風呂探し

車中泊なので駐車場所と風呂を探さねばなりません

事前調査を一切しておらず適当なタイミングで

グーグルマップ検索しています

 

順序的に車中泊する場所から比較的近い風呂を

探す事になりますが今回は車中泊する場所を

二日目の行動を考えて極力高岡に近い場所をと

思い小矢部にしました。

駅で言うと『石動』です

 

寝床が決まりましたら近隣の風呂を探します。

グーグルマップを検索しまくった結果、

小矢部からすると峠を越えた向こう側にある

津端駅に程近い風呂になりました

(ぜんぜん近く無いww)

祥楽の湯 石川県 津幡町

あいの風とやま鉄道『津幡』から程近いスーパー銭湯

 

 

アルプラザ津幡

アルプラザと敷地を共有しております

石川に来ても平和堂かぁ....と思うと少しゲンナリwwww

 

銭湯内に有るレストランで夜飯を食べた

無難に生姜焼き定食

 

オーソドックスなメニューが並びます。

 

石川県警の募集ポスター

地域を感じる事が出来て旅行気分に華を添える

 

富山県に入った

風呂と夕飯の後、少々休憩を挟んで

国道8号を東進し富山県へ

 

道の駅『メルヘンおやべ』

(富山県 小矢部市)

石川から倶利伽羅峠を越えて直ぐに有る道の駅

国道8号に面して有るのでアクセスは良い

 

道の駅で泊まる方々は比較的早くに来られているので

遅く行ってガチャガチャすると嫌がられるかもしれないと思い

津幡で事前準備をしときました。

 

案の定、等間隔で停まっている車は既に静かで落ち着いていますw

国道8号のバイパスにあり駅からは離れています。

また近くに三井アウトレットモールが有りますから

休みの日中は混雑している可能性が有ります。

 

一日目は富山までの移動とリサイクルショップ巡りで終了

 

1
pagetop